松阪牛実験レシピ! 松阪牛と、お取り寄せ食材で実験レシピ 松阪牛と、お取り寄せ食材で実験レシピ 松坂牛だけじゃない、部位一覧 松坂肉深い歴史の裏付け 松阪肉レストランとタウン情報 松阪牛をお取り寄せ! トップページ 松阪牛と、お取り寄せ食材で実験レシピ 松阪牛ポータルサイト すき焼き、ステーキ、焼肉情報松阪牛のレストラン、お取り寄せ & 美味しさのヒミツ情報

 
 TOP ・・・ 全国ブランド牛比較表
 
北海道 生田原高原和牛 オホーツクの大自然の中で、
育成から仕上げまで一貫して肥育する育てられた牛。
最上質な霜降り牛肉には、「北の王」の称号が与えられる。

えぞ但馬牛 肥育頭数はごく限定少数であり、
そのほとんどが地元での販売になっているが、
噂を聞きつけたグルメたちからの問い合わせが各地からある。

えりも短角牛 東北の南部牛をベースに改良されてきた牛。
母牛は子牛を自力で出産し、母乳だけで育て、
草だけでも十分育つ元気で丈夫がとりえの頼もしい牛です。

音更町すずらん和牛 昭和41年に黒毛和種素牛10頭を導入たことに始まる牛肉。
暑さに弱く、湿度が上がるとストレス障害を起こす牛にとって、
音更町は最高の環境といえます。

ふらの和牛 但馬牛を源に昭和45年から「ふらの和牛」として肥育開始。
独特の脂肪交雑(サシ)、和牛の風味に磨きをかけ、
「ふらの和牛」という銘柄を確立した。

みついし牛 1970年頃に水田減反政策に伴い、
米を補う作物として素牛を導入したのが始まり。
今では、東京でも高い評価を受け、牛も約1000頭にまでなった。

はこだて和牛 「あか牛」と呼ばれる褐毛和種牛。
肥育期間が短いため黒毛和種より低価格で市場に出る。

びえい牛 酒粕の生酵母を牧場独自の飼料に配合し、
粗飼料にはステビア米の稲藁を、
さらに大雪山の湧水を飲んで育てるというこだわりの牛。

宗谷黒牛 全国で200を超す銘柄牛のうち、最北端で作られている。
トレーサビリティーをいち早く導入したことでも知られる。
黒毛和牛と外来種アンガスなどの掛け合わせで、
双方の『いいとこ取り』を実現。

白老牛 全国的に有名な雌牛と「但馬牛」の雄牛を計画交配。
深いこくと、まろやかな味わいは、
ベストな交配と完璧な環境と飼育技術によるもの。
青森県 あおもり倉石牛 豊富な草資源に恵まれた大自然の中で育てられている。
東北新幹線八戸駅が開業し、この倉石牛を使った駅弁
「まるごと倉石村」や「倉石牛めし」が人気を呼んでいる。

八甲田牛 手付かずの原生林が広がる標高500メートルの牧場で育つ。
稀少な地方特定品種「日本短角種」で、
自然の旨味たっぷりで牛肉本来の味わいを実感できる。
岩手県 いわて東和牛 有機米ひとめぼれの稲ワラを豊富に与え、
バランス良く調整管理給与することによって、
牛の素質を引き伸ばしている。

いわて山形村短角牛 夏山冬里の形態で肥育されている牛。
ほとんどの牛を自然交配で繁殖。
最近ではTVなどの番組でもよく取り上げられる。
宮城県 仙台牛 良質な水とササニシキなどの稲ワラが高級和牛を育てる。
牛タンの美味しさは日本一有名。
秋田県 かづの牛 かづの地域での牛の飼育は古く、
今から約260年前に鉱石運搬の「役畜」として使用された。
かつては鹿角市・小坂町で約3,000頭が飼育されたが、
現在では300頭に減少し希少品種として位置づけらる。

秋田錦牛 秋田県畜産農業組合連合会と伊藤ハムの契約農家で飼育。
山形県 山形牛 昼夜における寒暖差の大きい気候風はベスト条件。
第四代米沢藩主「上杉綱憲公」時代の記録には、
既に和牛の導入が記されており、
その後、明治初期の外国教師によって「米沢牛」は広められた。
4〜5等級の割合が72.6%というのは全国一位の数値。
茨城県 常陸牛 30ヵ月、磨かれた飼育管理技術と厳選飼料のもとに育てられ、
食肉取引規格A、Bの4と5等級に格付されたものだけが、
「常陸牛」と呼ばれます。

紫峰牛 名前の由来は、筑波山が夕日によって紫に光って見えるから。
その麓で育った事から紫峰牛と名付けられた。
生産者が飼育方法・餌などの情報交換をし、均一品質を保つ。
栃木県 とちぎ和牛 肉専用種として血統の優れた黒毛和種の子牛を、
指定生産農家が一頭一頭丹精を込めて育てる。
肉用牛飼養頭数は全国6位(平成15年)。
群馬県 上州牛 群馬の自然、水・緑・太陽の恵みをたっぷりうけた上州牛。
日本で最も厳しい衛生安全基準をクリア。
山梨県 甲州ワインビーフ 成長過程で甲州産ワインの葡萄の絞り粕を与えることで、
ポリフェーノールによる高酸化作用が働く。
脂肪がつきにくくなるため、霜降りは少ないが、うまみが残る。
その他おからと酒かすも与えているそうです。
静岡県 あしたか牛 富士箱根伊豆国立公園に囲まれ絶好の環境。
この地で丹精込めて育てられた牛の中でも、
厳選された牛肉を「あしたか牛」と称しています。

静岡そだち 他産地よりカロリーの少ない餌で時間を掛けて育てられます。
そのため脂肪過多にならず、
しっかりとしたうまみのある肉が出来上がります。

ひらい牧場伊豆牛 一軒の肉店が独自の牧場を持ち、販売まで一貫経営。
大仁の盆地できれいな空気と水に恵まれ、
抗生物質を含まない飼料で育てる上質な肉。
新潟県 村上牛 コシヒカリの稲藁と乾草存分に与えて育て上げた和牛は、
色鮮やかで風味良く「一味ちがう黒毛和牛」と賞される。
平成8年度、全国肉用牛枝肉共励会では名誉賞(全国一)。
石川県 能登牛 交配を繰り返し、霜降りも若干少なくなったが、
肉質は他に劣らぬ良牛で、松坂牛などよりも赤身が多い。
岐阜県 飛騨牛 県内で14ヶ月以上肥育された黒毛和種で、
5等級、4等級、3等級のもの。
もともと岐阜県内で和牛改良に影響の強い但馬牛、
中でも肉質重視の「あつた蔓」に的を絞り、直系を購入。
以来その血を受け継ぐ牛は30,000頭以上、銘柄確立に貢献。
愛知県 みかわ牛 アミノ酸バランスがよく、妊娠中の胎児の発育や、
発育盛りの子供に良い影響を与える。
肉質5段階評価のトップクラスのみに与えられる称号。
三重県 松阪牛 歴史とこだわり」へ

北伊勢和牛 飼料は、専用の指定配合飼料。
粗飼料の稲わらは地元の圃場から収集したものを使用。
鈴鹿山脈の北端に位置し、自然条件にも恵まれている。

伊賀牛 1310年の「国牛十図」に大和牛として伊賀牛が記されている。
徳川時代、「伊賀忍者」は、
戦時食として伊賀肉の「干肉」を食していたが、
これこそが 伊賀肉の元祖といわれています。
「生体取引(一頭丸ごと買い上げる)」が特徴。
滋賀県 近江牛 肉のきめが細かいのが特徴。
目減り(輸送中に牛の体重が減少すること)や、
水引(枝肉になってからの水分蒸発)が少ない。
京都府 京都肉 京都では古くから農家の努力により優れた牛が生産されてきた。
兵庫、 滋賀にはさまれて知名度は低く、
近年、「伝統と文化の味」をキャッチコピーとして、
ブランドの定着を目指す。
兵庫県 神戸ビーフ 日本の牛肉文化は140年ほど前、神戸港開港がきっかけ。
神戸の外国人居留地に住む外国人たちは、
肉屋の無い日本で、牛の解体も自らで行っていた。
この時食べたものが、 「神戸ビーフ」と呼ばれるようになった。
奈良県 大和牛 鎌倉時代末期の文献にも残る名牛。
平成15年、関係者の強い思いでその歴史有る牛肉が復活。
食感は柔らかく上質。味にこくと深みがあると言われている。
和歌山県 熊野牛 100億円プレーヤー、大リーグ松阪大輔投手が、
「自分へのご褒美」といって食すほどの逸品。
熊野古道の世界遺産登録で脚光を浴びているが、
丁寧すぎるほどの飼育で現在は約200頭位しかおらず、
月8頭程度しか出荷されていない大変稀少価値の高い和牛。
島根県 島根和牛 性質がおとなしいため飼育しやすく、体格・体型に優れている。
内閣総理大臣賞を二度受賞するなど全国的にも高い評価。
みそ漬け、ウインナソーセージなどの加工品は、
「ふるさと小包」などで、全国への発送も可能。
岡山県 おかやま和牛肉 清涼な空気と青々とした牧草地に恵まれた中国産地で、
飼育されている。
繁殖牛(母牛)から子牛を産ませ約8ヵ月間育成した後、
約20ヶ月間飼育して出荷される。
山口県 皇牛 日本の肉牛のルーツといわれている天然記念物「見島牛」の、
伝統を守り続けていく黒毛和牛。
現在の肉牛は明治時代に外国種と和牛を交配して作られた。
高知県 土佐和牛 高知県内で肥育された和牛で、
「大川黒」「嶺北牛カルスト」「津野」など、
地域名をつけて呼ばれるものも、すべて土佐和牛です。
福岡県 小倉牛 生後8〜10か月から生産者に丹念に育てられ、
18か月の飼育の後、出荷されます。
鮮やかな霜降り、美しい色とツヤなど厳しい肉質検査を経て、
厳選したものだけに『小倉牛』のブランドが与えられます。
佐賀県 佐賀牛 JAグループ佐賀管内肥育農家で飼育された黒毛和種で、
5等級、4等級のBMS7以上を佐賀牛としています。
長崎県 ながさき和牛 鮮やかな色あい、なめらかで柔らかい肉質、
豊かな風味が特徴。
大自然の潮風を受けた、塩分やミネラルが豊富な牧草で育つ。
熊本県 くまもとあか牛 褐毛和種。
国内で一年を通じて牛の放牧が行われ、
牛肉を安定供給ができるのは、北海道の一部と熊本だけ。
上質の牧草をたっぷり与え、肥育期間も短くすることで、
無駄な脂肪分が少なく、健康的で柔らかい肉質が生産される。
大分県 豊後牛肉 大正10年、東京で開催された全国品評会で、
大分県産の「千代山」という種雄牛が最優秀賞に輝いている。
評価は高まる一方で、平成14年にも内閣総理大臣賞を受賞。
宮崎県 はざま牧場和牛 子牛からの一貫経営で、常時7千頭の黒毛和牛がいる「はざま牧場」国内トップクラスの多頭飼育牧場として認知されていて、
コンピュータによる綿密な飼育管理はもちろん、
定期的な素材分析による新鮮な自家配合を与えることによって、
安全で、おいしい牛肉出来る。
鹿児島県 鹿児島黒牛 南国の温暖な気候と緑豊かな大自然の中で育てられています。
衛生的牛舎での安全な飼料給与、また
公的機関の食肉検査に加え、独自の衛生検査も実施。
沖縄県 石垣牛 潮風にあたりながら過ごす牛にはストレスが無く、
最初から食用牛として生まれ育った黒牛が、
無理な脂肪をつけるための飼料も与えず、
1年中放牧されて青々とした牧草を食んでいます。
上へ戻る
 
レストランなど松阪牛が食べられる場所 レストラン・タウン情報
松阪牛の歴史について 歴史とこだわり
部位ごとの特徴リスト 部位一覧
牛肉レシピ 松阪牛実験レシピ
 
無料掲載・記事掲載について 無料掲載・記事掲載について 2006-2007 (C) MCP rights contents. 
 
アジアンファッション雑貨チャティ