松阪牛実験レシピ! 松阪牛と、お取り寄せ食材で実験レシピ 松阪牛と、お取り寄せ食材で実験レシピ 松坂牛だけじゃない、部位一覧 松坂肉深い歴史の裏付け 松阪肉レストランとタウン情報 松阪牛をお取り寄せ! トップページ 松阪牛と、お取り寄せ食材で実験レシピ 松阪牛ポータルサイト すき焼き、ステーキ、焼肉情報松阪牛のレストラン、お取り寄せ & 美味しさのヒミツ情報

 
 TOP ・・・ お取り寄せ探検隊(実食レポート) ・・・ フードファクトリー「幻の米おぼろづき」
 
日本一の「お米の産地」とは・・・?
 
いんげん、大豆、小豆、小麦、蕎麦、馬鈴薯、玉葱、スイートコーン、
人参、南瓜、大根など、北海道が生産量一位の農産物は多く、
実は「米」も、生産量、作付け面積ともに、第一位なのです。

新潟、秋田、長野と、日本にはお米の名産地は多く有りますが、
近年、北海道もその中に加わるほどの最高品質米が出てきています。

本州と比較し害虫の発生が少なく、その分少ない農薬で済むというのは、
味だけでなく、安全面から見ても「良質」といえるでしょう。


北海道の大地、畑、稲
 
幻の最高峰ブランド米「おぼろづき」登場!
 
北海道米おぼろづき 今回登場するのは昨年から本格販売を開始した「おぼろづき」。

一般的に、お米は低アミロースが美味しいとされていますが、
このおぼろづきは、そのアミロースがコシヒカリよりも低く、粘り、ツヤ、
甘さなど、どれを取っても最高品質の北海道最高級米。

北海道内屈指の「米どころ」である美唄地区の農家は、
早くからこの「おぼろづき」の品質に目をつけ、
他地区より早く試験栽培を始めたのです。
味なので個人差はありますが、この「美唄地区のおぼろづき」が、
今では、人気、質ともに最上位に来るようです。

”幻”の所以は、品質の良さに加え、平成15年に品種登録、
平成17年1月に北海道優良品種に認定登録されたが、
生産量が少なく平成18年の本格販売開始までほとんど手に入らず、
今でも他の米と比べ収量は少なく売り切れるのが早いことにあります。
 
さて、幻の米を体験レポートしますが・・・
 
「良いお米」って、凄いですね。
牛肉の良さも出したかったので、ハヤシライスの半熟卵のせを作成、
正直なところ、ご飯そのものの旨さ、甘さが際立って、
こういう食べ方が、勿体無く感じました。

某TV番組の「100歳アンケート」で、人生で一番美味しかったものは?
という問いがありました。
1位は「美味しい白米と鰻」・・・100年食べてきた答えです。

やはり日本人は、お米を妥協してはいけませんね。
この「おぼろづき」で作った松阪牛ハヤシライスを、
私は100歳になった頃、思い出すかもしれません。

絶品おぼろづきハヤシライス
 
北海道米の「お試しサンプル」もある、嬉しいサイトです。
 
北海道フードファクトリー

今回の商品「おぼろづき」も、5kg、10kg、20kgと選べるだけでなく、
525円でお試しサンプル(3合)が購入できる安心サイトです。

北海道といっても広いですが、
フードファクトリーのおぼろづきは、100%本場・美唄産のものです。
品種が同じでも産地等により味が変わるのは、牛肉と同じですね。
 
 
レストランなど松阪牛が食べられる場所 レストラン・タウン情報
松阪牛の歴史について 歴史とこだわり
部位ごとの特徴リスト 部位一覧
牛肉レシピ 松阪牛実験レシピ

 
無料掲載・記事掲載について 無料掲載・記事掲載について 2006-2007 (C) MCP rights contents. 
 
アジアンファッション雑貨チャティ